東高ニュース

学校 県総体壮行会

みんなで集まることができない昨今、中止の運びとなっていた県総体の壮行会ですが…

急遽放送で行うことになりました!

東高からは200名を超える選手が、県大会に挑みます。

校長先生からの激励の言葉。

「梅雨の最中にありますが、晴れと雨のメリハリのある毎日が続いています。
さて、第75回愛媛県高等学校総合体育大会を明後日に迎え、出場予定の選手の皆さんも適度な緊張感や高揚感が高まりつつあるものと思います。
昨年度は新型コロナウイルス感染症拡大の中、県総体が史上初の中止となりました。
昨年度の3年生は、表し難い悔しさ、苦渋を飲むこととなりました。
今年も、感染症拡大の現状に変化はありませんが、昨年度の教訓を踏まえ、様々な制限のある中ではありますが、開会の運びとなりました。
出場する選手の皆さん、昨年度の悔しさ、飲んだ苦渋を踏まえ、全力で頑張ってほしいと思います。
出場にあたり、出場する選手の皆さんに、私から3つのお願いがあります。
一つ目は、県総体では、特に3年生は、3年間取り組んだ練習の成果が問われます。自分にとっての3年間の取り組みを総括するためにも、勝つと言うことにこだわって試合に臨んでもらいたいと思います。
二つ目は、試合の運び、流れに関わらず、最後まであきらめず粘り強い姿勢で臨んでください。
三つ目は、絶えず笑顔を忘れずに臨んでください。笑顔は流れを作ったり、流れを変えたりする力があるものです。
今回の大会は、各競技共に観客の入場に制限がありますので、参加しない生徒の皆さんや教職員は直接応援にはいけませんが、選手の皆さんを心から応援しています。
選手の皆さんの検討を祈りつつ、激励の言葉といたします。」

生徒会長の鈴木さんからの激励の言葉です。

「県総体に出場される選手の皆さん、みなさんは学校生活の中で、放課後、土曜日、日曜日、本当に毎日毎日、部活動に取り組んでこられました。
苦しくなったり、自分の未熟さが嫌になったりしたこともあったかもしれません。
それでも、それらを乗り越えて大会に出られることは、素晴らしいことだと思いますし、尊敬しています。
私は、努力する人はみんなかっこいいと思っています。
選手の皆さん、自信を持って、東高の代表として、大会に出られない仲間の分も正々堂々と勝負してきてください。
そして、いつも支えてくれている保護者や顧問の先生方への感謝の気持ちも忘れないでください。
私たちが皆さんを応援する気持ちは、距離には負けません。
東高生一同、皆さんの活躍をお祈りしています!」

 

愛媛県高等学校総合体育大会は、今週末6/6,7,8と主に中予地域で開催となっています。

各競技とも入場制限がありますので、観戦や応援はご遠慮いただくことになっていますが、こちらでも結果を報告したいと思いますので、乞うご期待ください!