東高ニュース

お知らせ 2学期の始業を前にして

 夏休み中も、皆さんは新型コロナウイルスの感染に気を付けられながら過ごしてくれたと思います。
しかしながら、現在愛媛県の感染状況は決してよくありません。
県内の警戒レベル最大の「感染対策期」へ引き上げ、取組を強化しておりますが、連日驚くほどの感染状況が報道されております。

 

 今週はリモートでの課外、大雨警報による自宅待機等で、学校での活動はまばらでありますが、来週からは教室での課外、体育祭の練習と学校での活動が活発になります。
安心して学校での教育活動を継続していくために、引き続き、感染対策を万全にして、学校・家庭にウイルスを持ち込まない、また、もしかしたら感染しているかもしれないと考え、絶対に人にうつさないという気持ちで行動しましょう。

 

 夏休み中、オープンキャンパス等で県外に出掛けたり、帰省された兄弟や親戚がおられたりした場合は、自分自身はもちろん、家族の体調についても、いつも以上に注意をしてください。
発熱や咳など、風邪の症状がある場合や、体調に異変を感じる場合は、登校せず、医療機関で相談・受診し、家で休養してください。
また、登校するにあたり不安に感じていることがありましたら、学校へ連絡・相談をお願いいたします。

学校 警報?でも大丈夫、オンラインならね!

今日は朝から新居浜市に大雨警報が発令されています。

今日から後期の夏季課外が始まるんですが、いきなり出鼻をくじかれ…

…ないのが東高です。「おーい、手を挙げろー」と角田先生が出席確認中。

今日の課外はオンラインです。

「課外なくなれー!」とか妙な期待をしていたそこの君、震えずに眠るなほくそ笑む・ニヤリどこでも勉強だ!

美術・図工 「部落差別解消をめざす動画」作成中

「部落差別解消をめざす動画」の作成に、市内県立学校5校で協力し、本校生徒達も企画段階から熱心に取り組んでいます。この記事(本日の愛媛新聞22面)は、8月5日に実施されたフィールドワーク(現地研修会)の様子です。本校生のコメントも掲載されています。是非御一読ください。

「部落差別解消 動画で訴える」2021年8月18日付愛媛新聞
(掲載許可番号;d20210818-01)

注意 夏休み・お盆期間中の新型コロナウイルス感染症対策に係る注意喚起

本県でも連日多数の陽性が確認され「県内も第5波に突入した」というべき状況です。

第5波の主流であるデルタ株の感染力は従来株よりもはるかに強く、感染状況はこれまでとは大きく異なります

つきましては、以下の事項について、今一度ご家庭でもご確認いただき、これまで以上の警戒と感染対策の徹底をお願いします。

 

〇感染回避行動の継続徹底

・正しいマスクの着用 ×鼻出しマスク ×あごマスク
・手洗い 、こまめな手指消毒など

〇体調管理の徹底

・体調に異変を感じたら…外出や人との接触は避ける。
・少しでも症状があれば…通学や出勤等を見合わせ、医療機関へ連絡の上、受診

〇ルールを守った会食の徹底

・「久しぶりに会う親戚や友人」との会食は控える。
・「10名以下」で

①感染リスクの高い行動のない人と、
②大人数や長時間を避け、
③少しでも体調に異常 があれば出席しない・させない、
④感染防止対策が徹底されている店を利用
※特に、カラオケの利用に注意。

・「自宅での会食」も、上記ルールを徹底 。

 

●「夏休み、お盆休み」の注意事項

県外からの持ち込み・持ち帰りの感染が連日確認されています。

①帰省や県外への旅行は控えて 。
②同窓会は見送りを。
③地域の行事は、前後の行動・会食等も含め十分注意して。
④久しぶりの方とはしっかりマスクをして。会食は控える。

 

別添資料をご覧ください。

学校 着々進行!体育祭準備

真夏の被服室。エアコンがほしい…

そんな中ですが、3年生が中心となって体育祭で使う衣装の製作が行われています。

ミシンの扱いも上手なもんです。家庭科の授業でやったことが生かされてます!

 

衣装を今お見せすると当日興ざめなので、写真は少なめに。

どんな衣装が出来上がるか、楽しみだキラキラ